C code (1.1) 表示

C言語の特徴(1)

関数型言語

コンピュータに実行してもらう命令はすべて関数の中に記述されている。関数がプログラムの実行単位。いくつかの関数を組み合わせ、コンピュータへ命令をする。最初にコンピュータが実行する関数はmain()に決まっている。

戻り値の型 関数名(引数リスト)
{
	命令文;
}

コンパクトな言語仕様

予約語(キーワード)は各種の指示を行う命令。全部で32個。このなかには「画面に文字を表示する」とか「ディスクにデータを書き込む」などという「入出力」の機能はない。すべて「関数」として実現されている。このような基本的な関数がないとコンピュータとやり取りできないので、必ず標準ライブラリ関数として予め用意されている。

#include <stdio.h>

Cプログラムの作成

C プログラムの作成手順

文字の並びとして作成したソースプログラムを、コンピュータが理解できる形式に変換する

 

C プログラミングを書くための約束事

  1. 基本は半角英数字で書く
  2. 大文字と小文字は別の文字
  3. 文はセミコロンで区切る
  4. 余計なことは書かない
  5. 余計なことは「コメント」で

 

(練習1)文字列の表示

  • C言語はmain()関数ではじまる
  • C言語の標準関数はヘッダファイルに記述されている
  • ヘッダファイルをインクルードするにはプリプロセッサ命令 #include をソースの先頭で使う
// test1.c 
// 全角と半角の入力に注意
// { {  (((   \\\\\\n
//これがさいしょのぷろぐらむ
#include <stdio.h>
int main( )
{
   printf("おはよう  \n");
   printf("こんにちわ\n");
   printf("こんばんわ\n");
   return 0;
}

日本語環境では、バックスラッシュ(\)の表示は円マーク(¥)になる。

 

One thought on “C code (1.1) 表示

  1. Pingback: C programming | Chen Lab.

Leave a Reply

Your email address will not be published.

%d bloggers like this: