ColabでC言語環境構築

Google ColaboratoryはGoogleが機械学習の教育や研究用に提供しているツールである、Jupyter Notebook環境が無償で!使うことができる。

Google Colaboratoryとは

Colaboratory は、完全にクラウドで実行される Jupyter ノートブック環境です。設定不要で、無料でご利用になれます。Colaboratory を使用すると、コードの記述と実行、解析の保存や共有、強力なコンピューティング リソースへのアクセスなどをブラウザからすべて無料で行えます。

Colaboratoryは、基本的にPython言語を動作するJupyter Notebook環境ですが、C言語、JavaScript言語も動作可能です。Javaはそのまま動きませんが、IJavaというカーネルを利用したら動作可能です。

Google Colaboratoryの起動

Google Colaboratoryにブラウザでアクセスするだけです。

ノートブックには、コードセルとテキストセルがあります。

コードセル:Python 言語などでコードを記述する場所
テキストセル:メモを残す場所

コードセルの追加

コードセルでよく使う機能は下図の通りです。

Google Colaboratory notebook

 

テキストセルの追加

テキストセルは、主にノートブックに説明や見出しなどのノートを記述する際に使います。

テキストセルでは、マークダウン記法を使って書きます。

 

Cプログラムの実行例

次のテキストをコードブロックに追加してから、一度左の[実行ボタン]をおして、コードブロックを実行してファイルを生成される。

コード修正がある場合、も一度左の[実行ボタン]をおして、ファイルをアップデートする。

%%file hello.c

左の[実行ボタン]をおして、gccでコンパイルして実行できる。漢字も普通に表示できます。

!gcc hello.c -o hello && ./hello

—-